耕太の日記です


by popnmate

<   2015年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

25日投票のギリシャ議会(1院制、定数300)総選挙は即日開票され、ユーロ圏などからの支援条件である財政緊縮策の放棄を掲げる最大野党・急進左派連合が第1党に大躍進し、政権奪取を確実にした。欧州債務危機の震源地だったギリシャで、ユーロ導入国として初の反緊縮派主導政権が発足する。


<ギリシャ>反緊縮政権へ…急進左派が圧勝 総選挙
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150126-00000008-mai-eurp

…ギリシャのユーロ脱退への道筋が見えた

 おそらく、この流れの中で、
 ユーロは解体に進むのでは?

 ま、ドイツやイギリスは、
 ユーロ解体はうれしいだろうね。

「中島健一のフィリピン不動産ハイパー投資術」でフィリピン投資

太郎こおろぎのブログ
みゆきの日記
[PR]
by popnmate | 2015-01-26 20:25
 
文部科学省は来年度、未来型授業「課題解決型学習(アクティブ・ラーニング、AL)」の指導法を研究・開発する「次世代型教育推進センター」を新設する方針を決めた。


<課題解決型学習>授業法を開発へ…来年度、文科省が研究所
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150108-00000039-mai-soci

…課題解決型学習の推進は、日本のあり方に直結する

 おそらく、課題解決型学習で伸びるのは、
 ある種の天才だと思う。
 従来の教育では「落第生」タイプの。

 この手の天才の才能を伸ばしうるのであれば、
 優秀な天才を輩出できるかもしれない。
 ジョブズみたいなね。


 ただ、これは、同時に、
 従来的な、素直な、会社や社会の空気を読むタイプの、
 大多数の児童生徒にとっては、
 逆に学力低下につながるのでは?

 現在日本を支えている、「普通に働く」人たちの、
 能力が低下すると思う。

 第一、全ての先生があまねくこの手の学習をやるのは、
 はっきり言って無理。

 理想的には、天才の選別ができたら、
 その天才対象に、課題解決型学習ができれば、
 いうことはないのだけど。

 その他大多数は、従来の詰め込み教育で十分。

あの「成功の9ステップ」評判の真相は?

ケンイチの日記
むつみのよろしく、ごくろうさん日記


 
[PR]
by popnmate | 2015-01-08 20:02